セントジョーンズワートに関するサイト St.Jhon's Wort.com 〜ストレスを解消しよう〜 TOPへ セントジョーンズワートに関するサイト St.Jhon's Wort.com 〜ストレスを解消しよう〜
セントジョーンズワートについて セントジョーンズワートと共にストレス解消法 セントジョーンズワート関連商品 セントジョーンズワートの様々な活用法 セントジョーンズワートの使用注意点 セントジョーンズワートリンク集
セントジョーンズワートの使用上注意 セントジョーンズワートを使用する前によく知っておきましょう。
薬を使用している場合
薬を使用している場合 他の薬を服用している場合には、相互作用に十分注意する
必要があります。
セントジョーンズワートは他の医薬品の血中濃度を変化
させることがあります。
例えば、「抗うつ剤」、「ピル」、「鎮痛剤」、「強心薬」、
「気管支拡張薬」、「抗てんかん薬」などを服用している
場合には、薬の効き目が悪くなったりします。
他の薬を服用している場合には、医師に相談してみると
よいでしょう。
セントジョーンズワートのオススメ商品のご紹介
ナマサプリのセントジョーンズ
ワートは、工場から直接お客様へ
つめたてのサプリメントを
お届けします。
絶妙のブレンドを研究された
商品ですので、安心ですよ。
是非お試しくださいね!


All About スタイルストア

「NATURE'S ANSWER」の
スーパー・セントジョーンズ
ウォルトハーブエキストラクトは、ヒペリシンだけでなく、
高品位なエキストラクトを
使用した製品です。

All About スタイルストア
 

スポンサードリンク

薬を服用していない場合
薬を使用していない場合 他の薬を使用せず、セントジョーンズワートのみの服用で
あれば副作用はほとんどありません

ごくまれにおこる副作用として、日光過敏症がありますが、
胃腸の不快感などが起こることもあります。
それは、セントジョーンズワートの服用をやめればすぐに
おさまる事柄です。ただし、妊娠中、授乳中の服用は
避けて
ください。危険性が指摘されています。
その原因としては、子宮筋肉を緊張させることがあると
いうことです。

セントジョーンズワートによる日光過敏の注意点
セントジョーンズワートによる日光過敏の注意 セントジョーンズワートには感光性があります
そのことから、服用後に長時間、直射日光にあたる事や
日焼けサロンなどは避けたほうがよい
でしょう。
色白の方の方が特にその影響は受けやすいと思われます。
これは、セントジョーンズワートの主成分である
ピペリシンが日光と反応して皮膚が過敏症状を引き起こす
ためと考えられています。そのために、皮膚の赤みや湿疹、
かゆみが現れる可能性があります。とはいえ、これらの
副作用が現れるのは、真夏の強い紫外線を長時間にわたって
浴び続けた場合などに限られると思われます。
ですので、特に光線過敏症のある方でないのであればさほど
問題はないでしょう。

セントジョーンズワートの副作用
セントジョーンズワートの副作用 セントジョーンズワートの主成分としてピペリシンが
ありますが、このピペリシンが日光と反応して皮膚が
過敏症状を引き起こす可能性
があります。
よって、服用中の日焼けにはご注意下さい。
日光過敏症の方や日に当たって湿疹やかゆみが現れた
場合は、直ちに服用を中止してください。
また、うつ病などにより、すでにお医者様にかかっている
場合は、抗鬱剤などを服用していることと思います。
そうした他の抗鬱薬との併用は、お避けください
併用によって効果が下がってしまう医薬品が数種類
あることが報告されています。服用の際は、医師・
薬剤師にご相談ください。